栃尾宮沢区の防災訓練に参加

7月15日(日)、地元栃尾宮沢区の防災訓練に初めて職員2名で参加しました。

35度にせまろうという猛暑で、たいへんお疲れさまでしたが、手際良く、分業、連携がされていて、とてもいい訓練でした。土嚢作りのノウハウなど勉強になりました。

 

土嚢作り

土嚢作りは、まず土嚢(袋)に筒を差し込み、そこに土を投入。

適量のところで、筒を引き抜き、巻き結びする。

 

 

しかも、作った土嚢も分けていただきました。大感謝です。

7月19日予定の、みやざわ苑夜間防災訓練では、栃尾宮沢区のみなさんに再びお世話になります。

今後も地域のみなさんと連携、協力していきたいと思います。

(施設長)

 

 

 

花植え完了!

5月22日(火)、いい天気の中、ご利用者の皆様と職員で花植えでした。

 

当初、5月19日(土)、ご家族の皆様と花植えの計画だったものの、当日の雨をともなう冷涼な天候のため延期したものです。

 

これは、5月11日(金)の事前作業です。農業経験豊富なボランティアのお2人が、軽トラと耕運機で来てくださいました。お疲れさまでした。感謝です。

 

 

きれいに育ってくれることに期待です。

(施設長)

 

腰痛対策のための、「持ち上げない移乗」研修を実施

 

5月8日、会場みやざわ苑において、外部講師を招いてスライディングボード・スライディングシートを使った移乗方法やリフトを使用した移乗についての研修を行いました。

 

まず、講師による流れるようなデモンストレーション。流石です。

 

続いて、介護スタッフが行う。

ベッドや車イス間に高低差をつくり、スライディングボード、またはスライディングシートを置いて移乗する。

驚くほど、簡単に移乗がなされていく。見ていて、介助者が楽そうなのと、効果を実感している様子がよくわかる。

今さらながら、身体を離さない、腕力に頼らない、腰に負担をかけない、理にかなった介助方法をすすめていく必要性を強く感じました。

 

時間が、あっという間に過ぎた、いい研修でした。

腰痛対策として、すすめていきたいです。

(施設長)